免疫力を高めましょう

体温が1℃下がる
免疫力が30%程低下すると言われています

半身浴

体が冷えてくると血行が滞り、内蔵機能が低下します。
お風呂で体を温めることは、体温を上げ、免疫力、酵素の働きなどを上げる最良の方法です。

人間の体温は平均36.5度を保つのがベストです。なぜならこの温度で生命活動を支える酵素が活発に働き、体を整えてくれるからです。昔から「頭寒足熱」が健康の秘訣といわれているように、冷えやすい下半身を温め、体温のバランスを取ることが大切です。お風呂と足湯を併用して体温が平均36.5度になるように心がけましょう。

免疫力が低下すると、バイ菌やウイルスから体を守れなくなったり、様々な病気を引き起こします。

体を温めることで、身体の様々な機能が活性化し、健康な体に近づきます。

東洋医学では、「冷え」は病気の一歩手前、「未病」という状態に位置づけられています。冷えを放置するとあらゆる病気になると考えられ、まさに「冷えは万病のもと」と言えます。

体を温める効果

テレビ、雑誌などを見ながら快適な足湯タイム 冷え取り君 マイコンプレミアム

冷え取り君 マイコンプレミアム

自分の最適温度に設定でき、保温されているので、いつでも必要な時にスグ使用できます。通常の場合40~42℃で15~20分、快適な足湯タイムをお楽しみください。

商品のお問い合わせはinfo@not55.comから

足湯による体温上昇

↑わずか20分間の入浴剤入り足湯で、上半身まで温まり、体温の再上昇も見られました!